はじめる~治療をはじめたころのサポート~

重大な決断をしないように

※プルメリアの花言葉は「陽だまり」です。

監修:名古屋大学大学院 医学系研究科
精神医学・親と子どもの心療学分野 教授
 尾崎 紀夫 先生

うつ病のときは、脳の機能がうまく働いていないので、物事を悪くとらえがちです。そのため、元気なときなら気にならないようなちょっとした失敗でも、「とんでもないことをしてしまった」、「自分はダメな人間だ」と考えてしまいます。さらに、「こんな役立たずの自分は、この職場にいても迷惑をかけるだけだ」と考え、辞職などに突き進んでしまうことがあります。
この辞職という決断は、うつ病によってものの見方が否定的になっているために生じているのであり、患者さんの本来の考え方ではありません。
そのため、患者さんが「会社をやめたい」、「離婚をしたい」など人生にかかわるような決断をしようとしていたら、その決断にそのまま同意するのではなく、「苦しい気持ちはよくわかるが、今は病気のために状況を整理するだけのこころのエネルギーはないので、決断を焦らずに、うつ病から回復して本来のものの見方、考え方ができるようになってから、一緒に考えよう」といって、できるだけ重大な決断をしてしまわないようにサポートしてあげてください。