はじめる~治療をはじめたころのサポート~

十分に休息できる環境を

※プルメリアの花言葉は「陽だまり」です。

監修:名古屋大学大学院 医学系研究科
精神医学・親と子どもの心療学分野 教授
 尾崎 紀夫 先生

うつ病の症状がもっとも重くつらい時期(急性期)は、脳の機能の変化を改善するための、くすりと十分なこころや脳の休息が、治療の基本となります。しかし、否定的なものの見方が強くなっている患者さんは、「100点でなければ0点だ」とか「~でなくてはならない」といった極端な考え方が目立つようになり、いくら「こころの休息が大切です」と担当の医師にいわれても、「休むことは悪いことだ」とか「休んでいる自分はダメな人間だ」と考えて、休息をとる気持ちになれません。
くすりの効果がしっかりとあらわれるようにするためにも、これまでひとりで抱えてきた負担をいったんおろして、十分なこころの休息をとることが大切なのです。
患者さんが会社で働いている場合は休職という形をとったり、主婦の場合は自宅にいるとあれこれと気になるため入院という形をとったりして、今までのストレスとなっていた環境から患者さんに離れてもらい、休息できる環境づくりをサポートしてあげてください。
休むことが悪いことだと思っている患者さんにとって、ご家族から「今は休むことが最優先だよ」といってもらえることは、こころの負担をとても軽くし、休もうという気持ちにさせてくれます。