つづける~回復してきたころのサポート~

回復期の治療の意味

※プルメリアの花言葉は「陽だまり」です。

監修:名古屋大学大学院 医学系研究科
精神医学・親と子どもの心療学分野 教授
 尾崎 紀夫 先生

うつ病治療の目標は、「ある程度の治療効果が得られること」ではなく、例えば働いていた方なら、仕事に復帰して働けるようになるなど、「その患者さんに応じた生活を取り戻すこと」です。ただし、以前とまったく同じ働き方をすれば、「ストレスになる出来事を重ね」、「ひとりで抱え込み」、またうつ病になるという「落とし穴」にはまってしまう可能性があります。そのため、くすりが効いて症状がやわらぎ安定してきた時期(回復期)では、「今回うつ病になる前に、どのような状態にあったのか」ということを十分に振り返り、「今後、どのように働くのか」を整理しておくことが重要です。
しかし、患者さんがうつ病を発病してしまった当時のことを思い出すのは難しい場合もあります。ご家族が状況を整理するためのサポートをしてあげてください。

うつ病患者さんの多くは、眠れない、やる気が出ない、不安で落ち着かない、などの一番つらく感じていた症状が軽くなってくると、「早く復帰しなくては」という気持ちが先に立って、つい無理をしてしまいがちです。ご家族がブレーキをかけることで、調子の波に振り回されずに、一歩一歩、患者さんなりの生活を取り戻していけるようにサポートしてあげてください。
ひとりで問題を抱え込みがちなうつ病患者さんが多いのですが、ご家族が医師と患者さんのパイプ役となって、ゆっくり治療を進めていきましょう。

上記の症状の他にも気になる症状があらわれた場合は、医師または薬剤師にご相談ください。