つづける~回復してきたころのサポート~

共倒れしないために

※プルメリアの花言葉は「陽だまり」です。

監修:名古屋大学大学院 医学系研究科
精神医学・親と子どもの心療学分野 教授
 尾崎 紀夫 先生

うつ病の治療が長期にわたると、ご家族の心理的な負担も大きくなり、ご家族まで心身ともに疲れ果ててしまうこともあります。そうならないためにもうつ病をよく知り、上手に付きあうコツをみつけることが大切です。
ご家族は、何とか患者さんによくなってほしいと声をかけますが、期待するような反応が患者さんからみられず、しかもそれが長い間続くと、サポートすることをあきらめてしまったり、ご家族のほうがこころのバランスを崩してしまうこともあります。「病気がよくなるまでゆっくり待とう」と考えること、さらに、患者さんが極端なものの見方のためにあら探しばかりしてしまうことに巻き込まれず、患者さんのよい点をみてあげることも、患者さんのサポートには重要です。
また、患者さんのことで迷ったり、悩んだりしていることがあれば、ご家族もひとりで抱え込まずに医師に相談しましょう。