つづける~回復してきたころのサポート~

回復期の治療に移るタイミング

※プルメリアの花言葉は「陽だまり」です。

監修:名古屋大学大学院 医学系研究科
精神医学・親と子どもの心療学分野 教授
 尾崎 紀夫 先生

仕事や家庭生活への復帰を考えるタイミングは、最も重要なポイントです。特に会社を休職している患者さんにとっては、1日も早く会社に復帰して働きたいという思いが強いものです。

憂うつな気分、不安、自分を責める気持ち、消えてしまいたいと思うことなどの症状が軽くなり、主に「億劫さ」が残っているという状態になったら、復帰へのリハビリを考え始める目安とされています。

上記の症状の他にも気になる症状があらわれた場合は、医師または薬剤師にご相談ください。