気づく~受診までのサポート~

うつ病の治療方法を知る

※プルメリアの花言葉は「陽だまり」です。

監修:産業医科大学 名誉教授 中村 純 先生

うつ病の治療は「十分な休養」と「くすりによる治療」という2つの柱で進められます。また、考え方などを見直す「精神療法」を組みあわせた治療が行われることもあります。
うつ病の患者さんにとって自己管理はなかなか難しいものです。ご家族がコントロールしてあげてください。

うつ病治療の基本

十分な休養

うつ病の治療ではくすりと並行して、十分な休養をとることが大切です。責任感の強い患者さんは、仕事を休んだり、家事をやらないことは悪いことだと思い、なかなか休みをとろうとしません。
しかし、精神的にも身体的にもストレスがかかった状態では、十分な治療効果は期待できません。ときには休職という選択が必要なこともあります。医師が、患者さんに休職が必要だと判断した場合は、どの程度の期間必要か、全体的な見通しについてご家族が医師から説明を受け、「今は休んでほしい」という思いを患者さんに伝えてあげてください。休むことが悪いことだと思っている患者さんにとって、ご家族から「休んでほしい」といってもらえることは、こころの負担を軽くします。
女性の場合、家族の食事、掃除、洗濯、子どものことなど、何かと気になってゆっくり休むことができません。そんなときには、入院というのも1つの選択です。患者さんに抗うつ薬の効果が認められ、症状が安定するまでの間、入院して治療以外に何もしなくてもよい環境をつくるという選択もあります。

くすりによる治療

特に精神科のくすりに抵抗感をもっている方もいるかもしれませんが、うつ病もほかの病気と同じようにくすりによる治療で、からだの中の異常を修正することが必要です。うつ病には医師から処方される「抗うつ薬」という種類のくすりが有効であると考えられています。

精神療法(心理的治療)

うつ病の精神療法は、特に「ぶり返し」を予防するために効果があります。精神療法の中の「認知行動療法」は、うつ病の患者さんによくみられる「否定的な思考パターン」を、専門的な知識と経験をもつ医師との話しあいなどによって客観的に整理し、「より柔軟な思考パターン」にしていこうというものです。周囲の人から考え方についてあれこれいわれても、素直に受け入れられにくいのですが、医師からうつ病を引き起こさないための方法としてアドバイスしてもらえると、患者さんにも受け入れてもらえるかもしれません。

抗うつ薬の種類

現在、主に使用されている抗うつ薬は、この5種類です。

SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬) セロトニントランスポーター(セロトニンの量を調節する器官)に作用し、神経細胞と神経細胞の間でセロトニンの量を調整するように働きます。不安をおさえる作用が強いので、抑うつ状態の他、不安が強い患者さんにも用いられます。副作用は比較的少ないといわれていますが、飲みはじめに、吐き気やむかつき、便秘、下痢などの消化器系の副作用があらわれることがあります。これらの症状の多くは1~2週間で自然に消えますが、気になるときは医師に相談してください。

SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬) 2000年に使用が認められた抗うつ薬で、脳内神経伝達物質であるセロトニンとノルアドレナリンの両方の調整を行うために、セロトニンとノルアドレナリンの再取り込みを阻害する作用があります。
NaSSA(ノルアドレナリン作動性、特異的セロトニン作動性抗うつ薬) SSRIともSNRIとも異なる作用の抗うつ薬で、同等の効果があります。

三環系抗うつ薬 うつ病を改善する効果をもつくすりですが、一方でセロトニン以外のアセチルコリンという神経伝達物質の働きを抑制してしまうため、抗コリン作用という便秘、排尿困難、口が渇くなどの副作用があらわれることがあります。
四環系抗うつ薬 三環系抗うつ薬の副作用である抗コリン作用を少なくすることを目的として開発されたくすりです。

上記の症状の他にも気になる症状があらわれた場合は、医師または薬剤師にご相談ください。

抗うつ薬の作用

抗うつ薬は、患者さんのうつ病の症状の原因となっている脳の中で働く神経の情報伝達物質のバランスの乱れを調整する作用をもっています。
抗うつ薬により神経の情報伝達物質のバランスが整うことで、患者さんのこころとからだに意欲や活力がスムーズに伝達されるようになります。

くすりの作用(SSRI) くすりの作用(SSRI)