取り戻す~再発予防のためのサポート~

不眠があらわれたら要注意

※プルメリアの花言葉は「陽だまり」です。

監修:名古屋大学大学院 医学系研究科
精神医学・親と子どもの心療学分野 教授
 尾崎 紀夫 先生

うつ病の再発を予防するためには、状態が悪くなっているサインに少しでも早く気づき対処することが大切です。そのサインとして不眠があらわれるようになったら要注意です。気分的に落ち込むことはなくても、朝早く目覚めてしまうようになったり、夜中に何度も目が覚めるような場合は、「少し疲れているんだろう・・・」と流さずに、担当の医師に相談してください。
日々の生活を一緒に送るご家族だからこそ、患者さんのちょっとした様子の変化にも気づけるのです。

上記の症状の他にも気になる症状があらわれた場合は、医師または薬剤師にご相談ください。