パニック障害の治療

治療の流れ(STEP2 少しよくなってきたころ)

監修:金沢大学 名誉教授
アイリスメディカルクリニック
院長 越野 好文 先生

パニック障害を治療していくときは、治療の目標を決めて、少しずつ段階的に症状を改善していきます。

  • STEP1 治療を始めたころ 服薬でパニック発作をコントロール(2週間~3ヵ月) パニック障害の根本の原因であるパニック発作を治療します。STEP1 治療を始めたころ 服薬でパニック発作をコントロール(2週間~3ヵ月) パニック障害の根本の原因であるパニック発作を治療します。
  • STEP2 少しよくなってきたころ 予期不安や広場恐怖を改善(1~3ヵ月) 発作が起こらなくなってきたら、予期不安や広場恐怖を治療します。認知行動療法も開始します。STEP2 少しよくなってきたころ 予期不安や広場恐怖を改善(1~3ヵ月) 発作が起こらなくなってきたら、予期不安や広場恐怖を治療します。認知行動療法も開始します。
  • STEP3 生活のリズムが戻ってきたころ 再発しないよう、こころとからだの力をつける(6ヵ月~1年) 予期不安や広場恐怖が改善しても、パニック障害で低下した基本的な体力の回復を図ります。STEP3 生活のリズムが戻ってきたころ 再発しないよう、こころとからだの力をつける(6ヵ月~1年) 予期不安や広場恐怖が改善しても、パニック障害で低下した基本的な体力の回復を図ります。
  • STEP4 治療を終えるとき 服薬を終了する(6ヵ月~1年) 十分に体力が回復したら、少しずつくすりを減らして治療を終了します。STEP4 治療を終えるとき 服薬を終了する(6ヵ月~1年) 十分に体力が回復したら、少しずつくすりを減らして治療を終了します。

予期不安や広場恐怖を克服して回避行動を解消します

パニック発作がコントロールされると、予期不安や広場恐怖も自然と減ってきます。しかし、パニック発作がおさまっても予期不安や広場恐怖、回避行動が残ることがしばしばあります。
そのような場合は、予期不安や広場恐怖の克服と回避行動を解消するための治療を行います。

SSRIは予期不安や広場恐怖、そしてうつ病・うつ状態にも有用です。

SSRI は予期不安や広場恐怖を軽くし、回避行動を減らす効果があります。
また、パニック障害をきっかけにうつ病・うつ状態になってしまうことがしばしばありますが、SSRI はうつ病やうつ状態にも効果があります。

認知行動療法

くすりと組み合わせて認知行動療法を行うこともあります。発作に関係した場所や状況を避ける回避行動が強い場所には、患者さんが避けている状況に少しずつ挑戦していきます。この治療方法をエクスポージャと言います。

イメージ図 SSRIの効果 イメージ図 SSRIの効果

STEP3 生活のリズムが戻ってきたころ STEP3 生活のリズムが戻ってきたころ