パニック障害の治療

治療の流れ(STEP3 生活のリズムが戻ってきたころ)

監修:金沢大学 名誉教授
アイリスメディカルクリニック
院長 越野 好文 先生

パニック障害を治療していくときは、治療の目標を決めて、少しずつ段階的に症状を改善していきます。

  • STEP1 治療を始めたころ 服薬でパニック発作をコントロール(2週間~3ヵ月) パニック障害の根本の原因であるパニック発作を治療します。STEP1 治療を始めたころ 服薬でパニック発作をコントロール(2週間~3ヵ月) パニック障害の根本の原因であるパニック発作を治療します。
  • STEP2 少しよくなってきたころ 予期不安や広場恐怖を改善(1~3ヵ月) 発作が起こらなくなってきたら、予期不安や広場恐怖を治療します。認知行動療法も開始します。STEP2 少しよくなってきたころ 予期不安や広場恐怖を改善(1~3ヵ月) 発作が起こらなくなってきたら、予期不安や広場恐怖を治療します。認知行動療法も開始します。
  • STEP3 生活のリズムが戻ってきたころ 再発しないよう、こころとからだの力をつける(6ヵ月~1年) 予期不安や広場恐怖が改善しても、パニック障害で低下した基本的な体力の回復を図ります。STEP3 生活のリズムが戻ってきたころ 再発しないよう、こころとからだの力をつける(6ヵ月~1年) 予期不安や広場恐怖が改善しても、パニック障害で低下した基本的な体力の回復を図ります。
  • STEP4 治療を終えるとき 服薬を終了する(6ヵ月~1年) 十分に体力が回復したら、少しずつくすりを減らして治療を終了します。STEP4 治療を終えるとき 服薬を終了する(6ヵ月~1年) 十分に体力が回復したら、少しずつくすりを減らして治療を終了します。

きちんと治すためには十分な治療期間が必要です

パニック障害をしっかり治して再発しないようにするには、時間を十分にかけて治療し、ストレスに負けないこころとからだの力をつけることが基本です。そのために、規則正しい生活やバランスのよい食事、そして適度な運動をこころがけましょう。

  • 規則正しい生活
  • バランスのよい食事
  • 適度な運動 など
  • 寝不足
  • 過労
  • 風邪
  • 夏の暑さ など

※このようなときは、くすりの量を一時増やすなどの工夫をします。

自己判断で服薬を調整してはいけません

自己判断でくすりを減らしたり中止してしまうと、それまでに積み重ねてきた治療効果を失い、振り出しに戻ってしまうおそれがあります。それに、突然に服薬をやめると中断症状(頭痛、吐き気、イライラ、不眠、身体の動揺感、ピリピリした感じなど)があらわれることがあります。これらは不快な症状ですが、一時的なもので危険はありません。
また、もし十分回復しないうちに服薬をやめてしまっても、治療をやりなおせば効果は得られます。

※この他にも気になる症状があらわれた場合には、医師または薬剤師にご相談ください。

イメージ図 治療効果と時間 イメージ図 治療効果と時間

STEP4 治療を終えるとき STEP4 治療を終えるとき