うつ病の治療が終わりに近づいたら

再発予防の重要性

※プルメリアの花言葉は「陽だまり」です。

監修:名古屋大学大学院 医学系研究科
精神医学・親と子どもの心療学分野 教授
 尾崎 紀夫 先生

うつ病は再発する可能性がある病気といわれています。うつ病の患者さんを対象に長期的な経過をみた調査では、症状が改善されたあとにしばらく、くすりを続けなかった場合、多くの患者さんがうつ病を再発したことが報告されています。
しかし、過度に再発を心配する必要はありません。ここには、「症状が改善されたあとにしばらく、くすりを続けなかった場合」という条件がついています。
そのため、現在のうつ病治療も「いかにつらい症状を改善するか」ではなく、「いかにしてうつ病の再発を予防し、よくなった状態を維持するか」ということに重点が置かれています。
うつ病は再発を繰り返すことによって、くすりの効きが悪くなり改善しにくくなります。そのため、くすりを続けて、「よくなった状態を維持すること」が重要であると考えられています。