うつ病の治療が終わりに近づいたら

再発予防のための維持療法とは

※プルメリアの花言葉は「陽だまり」です。

監修:名古屋大学大学院 医学系研究科
精神医学・親と子どもの心療学分野 教授
 尾崎 紀夫 先生

うつ病の再発を予防するためには、もとの生活や職場に復帰できたあとも、くすりによる治療を続けることが大切です。
ある研究では、症状が改善されたあともしばらく抗うつ薬による治療を行った場合は、行わない場合に比べて再発する患者さんが少ないことが報告されており、うつ病の再発予防の効果が認められています。はじめてうつ病になった患者さんでは、およそ半年間はくすりを続ける必要があります。特に、うつ病の再発を何回か繰り返した患者さんや、まだ症状が残っている患者さん、重症のうつ病と診断された患者さんでは、1年以上の期間、治療を続ける必要があります。
抗うつ薬をどのくらい続けるかは、医師と十分に相談していただくことが重要です。また、抗うつ薬をしばらく続ける再発予防以外には、「物事の“とらえ方”」を調整するトレーニング(認知行動療法)を行うと、再発する患者さんが少ないという報告があります。