うつ病の治療が終わりに近づいたら

くすりの終了時の減らし方

※プルメリアの花言葉は「陽だまり」です。

監修:名古屋大学大学院 医学系研究科
精神医学・親と子どもの心療学分野 教授
 尾崎 紀夫 先生

うつ病のくすりを終了するときには、徐々に減らしていくというのが一般的です。ある日、突然やめることはしません。うつ病の治療で使用する抗うつ薬は、突然飲むのをやめると頭痛やめまい、不安などの症状があらわれることがあるためです。医師の指示にしたがって徐々に飲む量を減らしていても、頭痛やめまいなどの症状があらわれることがあります。「症状が悪くなったのではないか・・・」と焦る患者さんもいますが自己判断をせずに、まずは医師に相談してください。 くすりの減らし方のペースをもう少しゆっくりにするなどの対処方法があります。

うつ病のくすりを終了するときは徐々に減らしていきます。 うつ病のくすりを終了するときは徐々に減らしていきます。

上記の症状の他にも気になる症状があらわれた場合は、医師または薬剤師にご相談ください。