うつ病の治療をはじめたら

うつ病の急性期とは?

※プルメリアの花言葉は「陽だまり」です。

監修:名古屋大学大学院 医学系研究科
精神医学・親と子どもの心療学分野 教授
 尾崎 紀夫 先生

うつ病による、気分の落ち込み、不安、イライラ、不眠、食欲の低下などのうつ病の症状がもっとも重くつらい期間では、『こころの休息』と『くすりの服用』を中心とした治療によって、症状を改善していきます。
うつ病は、治療開始直後から改善を期待すると、気持ちの焦りにつながり、逆に回復が遅れてしまうこともあります。また、回復の過程では、よくなったあとで少し逆戻りすることもよく起こります。「焦らず、一歩ずつ」治療に取り組んでいきましょう。