うつ病の治療をはじめたら

治療の経過に振り回されない

※プルメリアの花言葉は「陽だまり」です。

監修:名古屋大学大学院 医学系研究科
精神医学・親と子どもの心療学分野 教授
 尾崎 紀夫 先生

うつ病は、よくなったり、悪くなったりを繰り返しながら、徐々に回復していく病気です。
少し調子がよくなると、「なんとか取り戻そう」と思い、がんばって仕事や家事をはじめたくなってしまいがちですが、ここでがんばりすぎると、次の波がきたときに悪くなる度合いがひどくなってしまいます。次にくるかもしれないうつの波をひどくさせないためにも、調子がよいと感じても少しおさえ気味にして、少しずつもとの生活に戻すようにしましょう。
また逆に、調子が悪くなったときに焦ってジタバタすると、ますます調子が悪くなります。少し待っていれば、調子の悪さも抜けていきますので、悪い時期が通り過ぎるのを待つことも必要です。
うつ病の経過には波があることを知って、症状の波に振り回されないようにすることも、うつ病の治療をスムーズに進めるためには大切です。