うつ病の治療をはじめたら

こころの休息の必要性

※プルメリアの花言葉は「陽だまり」です。

監修:名古屋大学大学院 医学系研究科
精神医学・親と子どもの心療学分野 教授
 尾崎 紀夫 先生

うつ病は「気のもちよう」ではなく、脳機能の変化が関係しています。
図に記したように、ストレスになるような出来事が重なり、周りのサポートが十分に得られず、睡眠も不十分になりがちな状況が続くと、ストレスとなる出来事を脳が処理しきれずにパンクしてしまい、脳機能の変化が起こります。その結果、脳が判断している「ものの見方」が、「物事の悪い面ばかりをとらえる見方」となり、例えば、自分の今の状況を実際以上に悪く感じたり(負荷の過大評価)、周囲のサポートを実際以上に低く見積もったり(サポートの過小評価)、些細なことで不安が生じて眠れなくなるといった、悪循環が起こります。
このような悪循環が形成されるのがうつ病であり、こころ(脳)の休息とくすりはこの悪循環の中心部分となっている脳機能の不調を改善させる働きがあります。

うつ病で生じる悪循環 うつ病で生じる悪循環

うつ病患者さんは「100点でなければ0点だ」とか「~でなくてはならない」というように、ものの見方が極端になり、いくら「こころの休息が大切です」と医師にいわれても、「休むとますます事態が悪くなる」、「休んでいる自分はダメな人間だ」と考えてしまいがちです。

しかし、例えば糖尿病の患者さんが、甘いものが好きだからといって、甘いものを食べながら糖尿病のくすりを使っても効果は期待できません。同じように、うつ病も過度のストレスがかかった状態のままでは、せっかく治療をはじめても十分な効果は得られません。

治療効果がしっかりあらわれるようにするためにも、これまでひとりで抱えてきた負担をいったんおろして、十分なこころや脳の休息をとることが大切です。