うつ病が回復してきたら

うつ病の回復期とは?

※プルメリアの花言葉は「陽だまり」です。

監修:名古屋大学大学院 医学系研究科
精神医学・親と子どもの心療学分野 教授
 尾崎 紀夫 先生

休息をとり、くすりを続けていると、もっともつらい症状がやわらぎ、病状が安定してきます。こころと脳の休息が重要であった時期から、社会復帰に向けたリハビリに移る時期では、睡眠と覚醒のリズムを整え、図書館に通ったり、「やってみたい」と思えることを少しずつやってみるなど、昼間に活動する時間を徐々に増やしていきます。
一方、症状がやわらぐと、つい「早く復帰しなくては」という気持ちが先に立って、無理をしてしまいがちです。「今の状態なら何をするべきか」ということを、家族や医師に確認したうえで、「次は何をやるのか」という目標を定めていくことが重要です。
また、「否定的なものの見方」によって引き起こされた「うつ病の悪循環」がどのような状態であったのかと、医師と一緒に整理をしておきましょう。そして、今回、うつ病になった当時のことを振り返り、「ストレスになる出来事が重なる」、「周囲のサポートが不足」という状況が起こっていなかったかを確認しておきます。その結果をもとに、また同じような「悪循環」におちいらず、「うつ病の再発」をさけるには、どうすればよいかを考えておくことも大切です。