うつ病の診察を受けるときは?

病院選択のポイント

※プルメリアの花言葉は「陽だまり」です。

監修:産業医科大学 名誉教授 中村 純 先生

治療をはじめると、「しばらくは週に1回通ってください」とか「このくすりを飲んで、何か気になることがあれば、すぐに相談にいらしてください」などといわれることも多いと思います。また、自分自身で病気の原因と考えていることなどがあれば、主治医によく伝えてください。治療にはそれなりの時間がかかることもありますから、あなたの生活の中で、通いやすさや診療時間などを考えて、治療が続けられる病院を選ぶことが大切です。

まずは医師に相談してください

うつ病のサインに気づいたら、1日も早く医師に相談してみましょう。治療には少し時間がかかることもありますが、ゆっくり休養をとり、くすりによる治療で日常生活の支障も軽くなってきます。また、ご家族や周りの方に付き添ってもらい、一緒に病院へ受診することでうつ病への理解が得られ、治療がスムーズに進みやすくなります。