うつ病の診察を受けるときは?

うつ病の診療科

※プルメリアの花言葉は「陽だまり」です。

監修:産業医科大学 名誉教授 中村 純 先生

精神科神経科は精神疾患を専門に扱う診療科で、うつ病も専門分野の1つです。また、心療内科は、心身症(からだの病気による発症や経過の中で精神的なストレスが関係している病気)を専門としていますが、うつ病の治療も行っています。神経内科という診療科もありますが、こちらは脳梗塞などの血管の障害や神経の障害を専門にしています。

話しやすいということでしたら、普段通っているかかりつけ医も対応してくれますし、専門医を紹介してくれることもあります。この他、職場の医師(産業医)、保健師などの産業保健スタッフや、地域の保健所などでも受診・相談することが可能です。

まずは医師に相談してください

うつ病のサインに気づいたら、1日も早く医師に相談してみましょう。治療には少し時間がかかることもありますが、ゆっくり休養をとり、くすりによる治療で日常生活の支障も軽くなってきます。また、ご家族や周りの方に付き添ってもらい、一緒に病院へ受診することでうつ病への理解が得られ、治療がスムーズに進みやすくなります。